社長の徒然日記

目次

インプットとアウトプット

情報を、「頭の中から出す」とは、言い換えると「思い出す」事

療育では、情報をどんなに頭の中にいれても、

それを頭の中から出さなければ意味がありません。

いくらたくさんの事を教えても、いくら知識を頭に詰め込んだところで

それを思い出せない、実践できないでは療育になりません。

「思い出す機会を多く設ける」事がとても重要です。

思い出す場を多く作りには、「自ら考える環境を与える」

前回の事を思い出しながら、同じ事を繰り返す。

「声を出しながら思い出す」

すとれいとぱぁそんずでは、

先生と思いっきり、叫んだり、動いたり、

遊びの中で、療育中に、

その機会を発揮できるよう、さまざまなやり方で、

アウトプットの機会を設けています。

脳科学的にも、アウトプットは有意義だと伝えています。

インプットプットを繰り返すより、たくさん思い出して

アウトプットするほうが、記憶力が鍛えられ、

内容を覚えやすくなると言われております。

代表取締役 山口

目次
閉じる