センター紹介
ご入会の流れ
最新情報
ブログ
よくある質問

教室紹介

江東区の児童発達支援施設【すとれいとぱぁそんず】の紹介

Introduce


児童福祉法に基づく児童発達支援施設
すとれいとぱぁそんずでは
子どもの可能性をとことん引き出す
身体づくりの方法をお届けしています。
子どもたちが公平に成長できる世の中を創ることこそが
ミッションであり、存在意義です。
 
「体軸理論を武器に地球上に存在する子どもたちの運動格差をなくす」
をコンセプトに体幹・体軸の強化と体操を中心とした運動療育を行っています。

脳科学の分野より人間の脳の約90%は
6歳までに完成する。その脳発達の臨界期は人生で1度しかなく、
臨界期までに経験したことや置かれた環境が
一生を左右すると言われています。

当スクールでは、医学的根拠に基づいた運動プログラムを提供し子どもたちの健康的な身体づくりをサポートいたします。運動神経の発達の土台となる「正しい身体の使い方」を専門家指導のもと、滞りなく習得していきます。また、運動機能面の向上のみならず、非認知能力と呼ばれるいわゆる精神・心も大きく成長していけるプログラムを提供いたします。

弊社は「株式会社やまちゃん」のライセンスを取得しております。
「やまちゃん」の体軸ノウハウを東京の療育で初めて取り入れた施設です。

児童福祉法に基づく児童発達支援施設
すとれいとぱぁそんずでは
子どもの可能性をとことん引き出す
身体づくりの方法をお届けしています。
子どもたちが公平に成長できる
世の中を創ることこそが
ミッションであり、存在意義です。

「体軸理論を武器に地球上に存在する子どもたちの運動格差をなくす」
をコンセプトに体幹・体軸の強化と
体操を中心とした運動療育を行っています。

脳科学の分野より人間の脳の約90%は
6歳までに完成する。
その脳発達の臨界期は人生で1度しかなく、
臨界期までに経験したことや置かれた環境が
一生を左右すると言われています。

当スクールでは、医学的根拠に基づいた
運動プログラムを提供し子どもたちの
健康的な身体づくりをサポートいたします。
運動神経の発達の土台となる
「正しい身体の使い方」を専門家指導のもと、
滞りなく習得していきます。
また、運動機能面の向上のみならず、
非認知能力と呼ばれるいわゆる精神・心も
大きく成長していける
プログラムを提供いたします。

弊社は「株式会社やまちゃん」の
ライセンスを取得しております。
「やまちゃん」の体軸ノウハウを
東京の療育で初めて取り入れた施設です。

選ばれる理由

当施設がなぜ江東区で選ばれるのか?

Reason


選ばれる理由1

運動・勉強の土台となる体軸
体軸は運動(スポーツ)・勉強・習い事の土台になるものです。
これからスポーツを頑張りたい!勉強がもっとできるようになりたい!
という子たちがまず身につける必要があるのが「体軸」だからです。

選ばれる理由2

寄り添った療育
「小さい歩幅に、寄り添う」
そんなスローガンを掲げております。
お母さんの期待を
お子さんの成長で応えれるよう、
ひとりひとりに寄り添った療育を取り組んでおります。

選ばれる理由3

プロの指導員
全指導員が「体軸体操」の理解を深め研修を行っております。
「子どもの可能性をとことん引き出す」という思いのもと実績のある教材を取り入れ
プロの目線から療育を行っております。
すとれいとぱぁそんず教育法

当施設が取り入れている教育法とは?

お子さんの「体の力」「心の力」「学ぶ力」の3つを最大限に引き出します。

体の力

体の力

体幹や体軸、体力、柔軟といった力のことです。運動神経の基礎は6歳までに固まると言われています。将来の不安を少しでも取り除くため、幼児期に体をスムーズに動かせる力を
身に付けることが重要です。

心の力

心の力

我慢する力、忍耐力を身に付けなければ
子供は成長できません。
未来を見据え、心の力をつけることが重要です。

学ぶ力

学ぶ力

「読み・書き・計算」を通して、
自ら学んでいく力を身につけます。理解力と思考力、洞察力を兼ね備えた力であり、テスト勉強ではありません。壁にぶつかったとき、
自ら解決する(立ち向かう)力のことです

ブログ・最新情報