トランポリンが届きました!

教室にトランポリンが届きました。

昨日の教室では子どもたちが大喜びで「トランポリンだー!」とずっと飛んでいました。

飛び箱を飛ぶのがまだ難しい子どもたちのためにジャンプの練習として、導入の意味も込めて新しく購入したのですが、調べてみるとトランポリンはいろいろな利点があるようです。

目次

体幹が鍛えられる

まず、飛ぶことで体幹が鍛えられます。まだ体の筋肉が発達していない子どもたちはトランポリンを使うことでバランスを取れるようになります。また足腰の筋肉はもちろん腹筋や背筋も鍛えられるそうです。体幹を鍛えることで、姿勢をよくしたり、体を動かす土台が強くなるので運動能力がアップすること、バランスがとれるようになって身体の動きと脳の働きの誤差が少なくなり、転んだときに手をつくなどのとっさの行動ができるようになるので怪我をしにくくなるといわれています。

脳が鍛えられる

また身体的な面だけではなく、跳ぶ角度が毎回違うので、その度に脳が鍛えられます。脳が活性化されると言語発達にも良い影響があるといわれています。

ストレス解消

トランポリンはストレス解消にもいいと言われています。特に多動の子やADHDを持つ子どもたちには動きを制限されるストレスから解放されて、パパママも怒る機会が減るという好循環!

ランニングで30キロカロリー消費するには約30分かかると言われていますが、トランポリンだとわずか5分でそのカロリーを消費できるそうです。5分飛ぶだけなら簡単そう!と思われるかと思いますが(実際私も思っていました)、やってみるとこれが結構ツライ!息も上がるし、翌日は筋肉痛になるくらい。それでも子どもたちは楽しんで何度もジャンプして楽しんで、いっぱい動いたので後半のお勉強の時間では机に向かって集中してカタカナの書き取りをしていました。

欧米ではお庭に大きなトランポリンがある家庭も珍しくなく、夏場は外のトランポリンで遊んでいる子どもたちをよく見かけたのですが、簡単にスペースを取れない日本のご家庭でも大丈夫。教室のトランポリンは1人用のサイズですが、近隣や上下階のトラブルを気にすることなく全力で楽しんでもらえます。また私たちの教室ではパパママも療育に参加される方が多いです。ぜひ、お子さんと一緒にジャンプして日頃のストレス解消とエクササイズをしに来てくださいね。

目次
閉じる